ページの先頭です。以下はページ内移動用リンクです。

フルサト工業株式会社

Welding溶着材・Painting塗装材

バックアップ・タブ

エンドタブ

鉄骨建築の突合せ溶接の継手は、溶接部の全長にわたって良好な溶接でなければなりません。溶接継手の始まり部分と終り部分では欠陥が発生しやすいため、必要な溶接部の両端にエンドタブを取り付け欠陥はその部分で発生するようにし、施工後エンドタブを除去します。


固形タブ(セラミック系、フラックス系エンドタブ)

固形タブは独特の技量を要求されるものの慣れればかなり品質向上ができ、取り扱いが容易であることから広く普及しています。形状から、異幅接合用、同幅接合用、その他に分類されています。

  • カタログダウンロード[PDF]


  • スチールタブ(スチール製エンドタブ)

    元来エンドタブはスチール製であり、以前より広く使用されてきましたが、溶接後に切断・仕上げが要求されるなど手間がかかりコストアップの要因になることから、中小型物件を中心に固形タブの採用が増加しています。

  • カタログダウンロード[PDF]


  • ページの先頭に戻る

    ページの先頭に戻る