Font size: 文字サイズ

  • A
  • A
  • A

Anchor bolt / P柱アンカーボルト

配筋との干渉が少ない

P柱アンカーボルトは、間柱(P柱)や耐風梁などの二次部材を、構造躯体に取り付けるための定着用アンカーボルトです。間柱などの二次部材用のアンカーボルトは、配筋の施工後にセット工事を行なうことが多く、従来のフック付のアンカーボルトでは、既設の配筋と干渉し手間がかかることが多く見受けられました。
P柱アンカーボルトは、ストレートで短い形状のため、わずかなすき間でも簡単に差し込むことができ、施工時間の短縮を図ることが可能となりました。

技術評価を取得

「P柱アンカーボルトは、一般財団法人 建築鉄骨構造技術支援協会(SASST)の技術評価を取得し、製品の安全性や有効性が証明されています。これまで定着長さに縛られていた間柱、耐風梁用のアンカーボルトの長さを大幅に短くすることが可能となりました。

■技術評価等
  • 評価機関:一般財団法人 建築鉄骨構造技術支援協会(SASST)
  • 評価番号:SASST第15-02号

簡単な検証により変更可能

技術評価書の設計要領に沿って検証していくことで、現設計のサイズ・本数はそのままに、アンカーボルトの全長を短くしても性能が同等の「P柱アンカーボルトに変更が可能です。

Catalog カタログPDF(Japanese Only)

〔データDownload〕

P柱アンカー標準図(dwg:270KB)

P柱アンカー標準図(PDF:1.7MB)

技術評価書(PDF:28MB)

検証サポートシート(Excel:0.3MB)