Font size: 文字サイズ

  • A
  • A
  • A

Anchor bolt / 親子フィラー


親子フィラーは、ベースプレートのアンカーボルト孔に挿入される「親フィラー」と、
アンカーボルトに沿って親フィラーの中に挿入される「子フィラー」の2つの部材で
成り立っています。この2つは常にセットで扱われます。
親・子フィラーはそれぞれ偏心した孔構造を持っています。
お互いが回転し、位置を合わせることによって、ベースプレートとアンカーボルトの
隙間を埋めることができます。
鉄鋼造の柱脚部においては、アンカーボルトの「台直し」や「ベースプレートの
不整形過大孔により、柱脚性能の劣化、施工(時間)のロス、安全に対する不安および
これらを総合してのコストのロスを起こすことがありました。

親子フィラーは、アンカーボルトの設置誤差を9mm~22mm許容することで、これらの
改善を図り、結果として、柱脚性能の劣化をはじめとした諸懸案事項を解決しました。

技術評価等

親子フィラーは技術評価により安全性が確認されており構造計算適合性判定もスムーズです。

  • 評価機関:一般財団法人 建築鉄骨構造技術支援協会
  • 評価番号:SASST第16-02号(2016年9月30日)
  • 評価名称:ベースプレート過大孔充填材を用いた柱脚工法

国土交通省新技術提供システム(NETIS)に登録されています。
※登録番号:KT-130088-A

Catalog カタログPDF(Japanese Only)